Menu

リノベーションついて

Home

リノベーションについて

リノベーションについて

リフォームが「改装」とすれば、リノベーションは「手入れ」と言いましょうか。
同じ意味合いを感じるリフォームとリノベーションですが、
中身はほとんど違いがありません。
しかし、この2つにおける大きな違いがあります。
それが「築年数」です。
そもそもリノベーションには「刷新・修理」という意味があり、時代の変化に合わせて内装や設備を整え、住みやすい家に直すことを目的としています。

リノベーションとは、住みやすい家へと直すことです

リノベーションとは、住みやすい家へと直すことです

例えば畳張りの部屋を現在の主流であるフローリングに変えたり、しっくい壁から壁紙(クロス)を貼り替えるなどの内装面の改装。
さらにはお風呂や台所設備のシステム化もリノベーションにあたります。
一方で部屋壁の修復や部屋の間取り変更までは行わないケースも多く、規模や改装する住居の築年数によって言葉を使い分けることも多々あります。
(「フルリノベーション」の場合はこれらの改装もまとめて行う場合もあり、細かな定義は会社によって異なります)

コストが安く、最新の設備を取り入れやすい!

リノベーションとは、住みやすい家へと直すことです

リノベーションの良さはコストの安さと最新の設備を取り入れやすいことにあります。
築30年前後の賃貸物件でリノベーションを行うケースが多く見られますが、これは物件の老朽化に伴う設備面の改装と同時に、若者の入居を促す目的もあります。

リノベーションには単に流行を取り入れるだけではなく、既存のものを長く使い、コストを抑えようという企業の努力と依頼者の考えがあってこそ成り立つのです。

リフォームについて

リフォームについて

当社にとって、リフォームとはコミュニケーションがあって
初めて成り立つものと考えております。
時には家の構造そのものに手を加えるリフォームは、ご依頼者様が疑問に思う事等が数多く出てくると思います。
近年ではインターネット上での情報も多くなり、作業に疑問を抱き質問される方もいらっしゃいます。
だからこそ依頼者様と良く話をした上で作業を進めてまいります。
見積もりだけではなく、設計段階や施工においても、疑問点に関してはお気軽にお話しください。
どんな小さな疑問でも残しておくより、話していただけるとリフォームの仕上がりも格段に良くなります。

家は長年住み続ける宝物です。だからこそ後悔の残らないよう、依頼者様の意見や疑問もお聞きいたします。